何もしないでいると、あっという間にシミだらけ

何もしないでいると、あっという間にシミだらけ

年齢とともに増えていくのが顔のシミ。
何もしないでいると、あっという間にシミだらけになって、なんだか老けた印象になってしまいます。

 

そうならないために今からしっかり対策をして、いつまでもキレイな若々しいお肌を目指しましょう。

 

対策方法を知る前に、まずはシミができてしまう原因を確認しておきましょう。

 

シミの多くは紫外線から体内を守るメラニンという色素が、新陳代謝が上手く行かずに皮膚に沈着してしまいできたものです。日焼け対策が十分に行われていないことが原因と言えます。

 

また、肌が乾燥していることもシミに繋がります。肌の乾燥によってコラーゲン等が不足し、肌のメラニン色素の新陳代謝が停滞してしまうことがシミの原因になります。

 

ですが、肌を乾燥させないようにとコットンで化粧水を強くパッティングしたり、乳液をごしごし塗りつけたりすることも危険です。肌の表面は刺激し過ぎると余計に乾燥化が進んでしまうので、メラニン色素が沈着、シミに繋がってしまうのです。

 

ニキビ跡がシミの原因になる場合もあります。ニキビがあった場所が色素沈着を起こし、黒や茶色いシミとして残ってしまうのです。
また、生活習慣の乱れが結果としてシミの原因になることも。

 

食生活の乱れ、睡眠不足、たばこの吸い過ぎはそれぞれ、血行不良、肌細胞の生成停滞、ニコチンの大量摂取に繋がり、それらが新陳代謝を悪化させ、肌にシミができやすい状態を作ってしまいます。
まとめてみると、紫外線や乾燥、健康に悪い生活習慣がシミの原因になっていると言えますね。

 

原因を知ったところで、シミを作らないための対策を見ていきましょう。

 

肌の乾燥、スキンケア時のこすり過ぎを防ぐために、洗顔はたっぷりの泡で肌をこすらないように、泡で肌を洗うような感覚で行いましょう。泡を洗い流す時も優しくこすらないようにし、タオルで拭くときもゴシゴシこすらないように注意。化粧水・乳液も手のひらで優しく包み込むように肌に馴染ませてください。

 

紫外線予防のために日焼け対策をきちんと行い、毎日の生活習慣を見直すようにしましょう。