何をしても治らなかったニキビの原因は肩こりかも

何をしても治らなかったニキビの原因は肩こりかも

あご周りやフェイスライン、デコルテや背中のニキビにお悩みではありませんか?

 

化粧品を変えても、背中に当たる髪の毛を結んでも、枕カバーを変えても全然治らないニキビに悲しい思いをしている方もいるかもしれません。
何をしても治らなかったニキビの原因は、肩こりかもしれません。

 

大人のニキビの原因は外からでは治しにくいことが多いのです。
思春期ニキビの主な原因は、アクネ菌によるもので、
皮脂の分泌が盛んで、雑菌が繁殖しやすくなっているために起こります。
そのため、洗顔をしっかりしたり、炎症を抑える化粧品を使ったり、タオルやまくらを清潔に保つことで予防できます。

 

しかし大人ニキビの原因は皮脂ではありません。
20代以降皮脂の分泌はどんどん低下し、皮脂が過剰でニキビができるほど肌が潤っていることは稀なのです。

 

ではなぜ肩がこるとニキビができやすいのでしょうか。
キーワードは血行です。
肩の周りには首や鎖骨や脇といった上半身の大きな血流があります。
肩がこるというのはこの上半身の流れが悪くなっている証拠です。
通常老廃物は体内の水分に溶け込んで、汗や尿として排出されます。
しかし血行不良が起こっている場所では、水分の代謝が正常に行われず、老廃物が溜まりっぱなしになってしまいます。
そして行き場を失った老廃物は、体の排泄器官でる皮膚から排出され、文字通り吹き出物となるのです。
どんなに高い化粧品を使っても、血行が悪いまま、老廃物が行き場をなくしているままでは根本的に良くなりません。

 

肩こりを解消しろと言われても、なかなか難しいですよね。
肩こりがない自分なんて想像もできないとおっしゃる方も多くいらっしゃいます。
完全になくならなくても大丈夫なので、肩や首周りの血行を意識してみましょう。
ゆっくり首を回したり、お風呂の中でデコルテや首のマッサージをするのも良いですし、
たまにはマッサージサロンなどを利用してみるのも良いかもしれません。

 

遠回りに見えても、血行不良を解決して、老廃物をしっかりと排出することが美肌の近道です。