クレンジングも洗顔も1分以内で終わらせるのが賢い選択

クレンジングも洗顔も1分以内で終わらせるのが賢い選択

日々、スキンケアを頑張っている人は多いでしょう。

 

 

ですがその頑張りとは裏腹に、いまいち肌がきれいにならない…という時は、意外な落とし穴を見逃しているからかもしれません。
美肌を作る基本となってくるのが、クレンジングと洗顔です。皮膚には黄色ブドウ球菌をはじめ、アクネ菌や表皮ブドウ球菌といった菌が常に存在しています。

 

 

これらの常在菌の調和が保たれていれば、肌の状態も良好に保つことができますが、間違ったクレンジングや洗顔を続けていると、調和が乱れてくるのです。

 

 

その調和を乱す原因となるのが、必要以上のクレンジングや洗顔。クレンジングや洗顔は想像以上に洗浄力が強い商品も多く、常在菌まで洗い流してしまうことも少なくありません。その結果、肌が乾燥しバリア機能が低下することで黄色ブドウ球菌やアクネ菌のコントロールが困難になり、肌に炎症を起こしてしまいます。汗や皮脂を取り込み、それを保湿成分であるグリセリンに変えてくれる表皮ブドウ球菌も、クレンジングなどで奪われることでさらに乾燥を招き、黄色ブドウ球菌やアクネ菌が繁殖しやすくなるという悪循環を引き起こします。

 

 

 

クレンジングも洗顔も、時間をかけたほうが汚れも落ち肌に良さそうな感じもしますが、どちらも1分以内で終わらせるのが、肌のためには賢い選択。クレンジングはクルクルと円を描くように行うと肌に摩擦をあたえてしまうので、パタパタとパッティングするようにクレンジングを肌に馴染ませていくと、摩擦を軽減しながらメイクを落とすことができます。また、オイルクレンジングを使用している場合は、洗い流す直前にお湯や水を混ぜて、乳化させるのも外せないポイント。乳化されたクレンジングはサラサラになるため、洗い流しやすくなりすすぎ残しを防ぐことができます。すすぎ残しも肌トラブルの原因となるので、すすぎに時間をかけることは大切です。

 

 

洗顔は、たっぷりと泡立てた泡を、肌にのせるだけでも十分な効果を得られます。洗顔もクレンジングと同様、すすぎは念入りに行うようにしましょう。