肌のくすみを改善するための基礎は洗顔です。

肌のくすみを改善するための基礎は洗顔です。

いつも通りのスキンケアを続けていても、肌のくすみが気になる時があります。

 

顔をちゃんと洗っているのになんだか肌がくすんで見える、透明感が失われているという時にはいつものスキンケアだけでは足りません。
まず肌がくすんでいる状態というのは、肌の汚れがしっかりと落ちていないことや角質層がターンオーバーと共にはがれずに残っているということが考えられます。

 

それならピーリングをすればすぐにすっきりしそうなのですが、ピーリングは無理に角質層をはがすケアですので一時的に頼ってもよいのですが繰り返していると肌が薄くなりすぎて敏感肌になる原因にもなります。
ピーリングは使っても週に1回までにしておかなくてはいけません。

 

ピーリングを使う必要はなく、正しいスキンケアをすることで、肌のくすみを改善出来ます。
そのための一番基礎は洗顔です。

 

しっかりと泡立てた洗顔料で顔を洗うことで、肌の汚れを落とすことが大切です。
洗う時にはごしごしと擦るのではなくて、たっぷりの泡で肌の汚れを吸着させるようにします。
擦っても肌のくすみは改善しませんし、肌への刺激から角質層が厚くなる原因にもなります。

 

メイクをする人は面倒でもふき取るだけのメイク落としではなくて、そのメイクに合わせたクレンジングを使う必要があります。
メイクも残ったままだと色素沈着の原因になってしまいます。

 

クレンジング自体も摩擦で肌への負担になりますので、肌のくすみを改善するためには一旦メイクをお休みすることも良いですね。

 

その日の汚れはその日のうちに落とすようにすることと、洗顔後は肌が乾燥していますのでしっかりと水分を補ってあげることで肌のターンオーバーも整って、角質層が自然に剥がれ落ちるようになります。
たっぷりと水分で満たされることで肌は正常な働きを取り戻すようになります。

 

一日二日で肌のくすみを改善させることは難しいですが、正しいスキンケアを続けることで少しずつ肌の透明感も取り戻すことが出来ます。
肌のくすみが改善すれば、その後に使うスキンケアの肌馴染みも良くなり効果も上がります。