逆転発想のスキンケア、肌断食のメリットと方法

逆転発想のスキンケア、肌断食のメリットと方法

こまめにスキンケアしてるのに「肌荒れがひどくなった?」とか「肌が疲れてるのかな?メイクのりが悪い」とか思ったことはありませんか?

 

「肌断食」というのをご存知ですか?今日は逆転発想のスキンケア、肌断食のメリットと方法を書いていきたいと思います。

 

肌断食とは

 

スキンケアをしないというスキンケアです。メイクは勿論、クリームを塗ったり、出来れば洗顔も中止します。肌を触らない事で、肌本来が持っている保湿力やバリア機能などの能力を引き出そうという発想です。
メイクをすると肌に負担がかかるのは分かると思うのですが、なぜ、クリームや洗顔が駄目なのでしょうか?私たちの肌には皮脂などの優れた保湿成分が備わっています。化粧水やクリームなどの基礎化粧品や洗顔フォームなどの多くにも保湿剤が入っています。保湿剤が入っていると、使い心地は良いのですが、長く使用していると皮脂分泌が出来なくなったりと、肌が自分から肌を綺麗にしようという作用を怠けてしまうようになります。それに、化粧品に含まれる防腐剤などの添加物で肌へダメージを与えてしまうというのがあります。なので、肌に何も付けないで肌の元々持っている自浄能力の回復を待つという事なのです。

 

まずはメイクを止めよう

 

始めから全てを止めるのには抵抗があると思います。まずはメイクを控えることから始めましょう。

 

メイクしないと夏場は日焼けが心配かもしれませんが、日焼け止めも肌に負担をかけます。帽子などで日除けしましょう。仕事柄どうしてもメイクしないといけない方はベースメークを下地なしのパウダーファンデのみにするなど薄いメイクにするようにしましょう。石鹸のみで落とせるぐらいのメイクが良いです。

 

基礎化粧品を止めよう

 

これもなかなか勇気がいる事ですが思い切って全て止めてしまいましょう。止めた直後は肌がカサカサになったりするかもしれませんが、だんだんと落ち着いてきます。スキンケアの時間がなくなるので朝の支度が楽になりますし、美容費の節約にもなります。

 

洗顔を止めよう

 

ここが一番抵抗がある事かと思いますが、実は顔の汚れや皮膚の汚れの殆どは水のみで落ちるそうです。肌の保湿因子を落とさない温度が35度ぐらいなので、35度以下のぬるま湯のみで洗いましょう。ベタベタしてどうしても我慢が出来ないときは昔ながらの純石鹸やさしくで洗いましょう。シンプルな純石鹸は保湿剤が入っていないので、肌の自浄作用の邪魔になりにくいのです。
いかがでしたでしょうか?なかなか毎日は出来なくても休日のみ実践したり、少しづづ取り入れても効果はあります。手間やお金をかけない方が綺麗になるという逆転発想のスキンケア、貴方も試してみませんか?

 

肌断食は少し難しいという方は第三類医薬品をおためしください。

 

キミエホワイトプラスの口コミと効果